障がい者お洒落!えんじょいライフ!

障がいをお持ちの方へ。障がいをお持ちの方にお洒落してほしい家族・お仲間・支援者の方へ。障がいのある方へのファッション情報、お洒落ポイント、雑談などなどまとめていきたいと思います。

車椅子でのファッション♪機能性も!

車椅子でも着たい服・お洒落な服を着よう!

車椅子を使用していると、座っている姿勢が続くため、一般的な立っている状態を基本として作られた洋服は勝手が悪いことが多いです。

数ある商品の中から着やすい商品を探すのもなかなか苦労したり、失敗してしまったり、、、試着も大変なので、試着せずに購入して着にくかったり、、、。

着たいけど着にくい…ような洋服が多いのです。

着たい洋服よりも着られる洋服を選んでしまうことも…

 

そこで今回は洋服選びのポイントをまとめました。

 

洋服選びのポイント

〇インナー

・伸縮性のあるもの

・伸縮性片麻痺のある方の場合は首元が開きすぎていないもの(麻痺側がはだけやすいため

 

〇パンツ

・ローライズジーンズはお尻が出やすいのでNG、股がみが深いほうが良い

・お尻のポケットはないほうが良い(使えないし、縫い目が長時間お尻にあたるので痛くなりやすい)、縫い目の凹凸が少ないもの。

※デニム生地は履きにくいか?

・今注目のブランドがあります!AiterUrEgo というジーンズです。専用サイトがあると思うので検索してみてください!

・ポケットがひざ上くらいの位置にあると使いやすい

・タイトなデザイン過ぎると履くときに大変なので、ある程度ゆとりのあるデザインが良い

・丈が足りず足首が出てしまうことがあるので、要注意

パンツは機能性重視が◎

 

〇スカート・ワンピース

・短すぎると下着が見えやすく、風が当たり寒いため、ひざ下からロング丈が◎

お尻の下に折れ目が当たると、時間がたつと痛くなるので要注意、短い時間着用のおしゃれ着であれば問題なし!

 

〇トップス

・伸縮性があるか、ゆとりのあるデザインが着やすい

・ロング丈は形がきれいに出にくいのでNG

自由度が高いので、ここで個性を出すと◎、ここで楽みましょう!

・自走式車椅子を使用している場合は、腕の部分が幅が広すぎるとタイヤにこすれるので要注意

 

〇アウター

・ロング丈のコートは形がきれいに出にくく、ショート丈の方がきれいに見える

・防寒の機能性があるとよい

・自由度高い!ここでおしゃれする!

 

〇バッグ

・リュックはNG

・ウエストポーチは常に手元に来るため向いている

・大きすぎると使いずらい

・ひざに乗る、底の厚いどっしりしているタイプが比較的使いやすい

 

〇アクセサリー・小物

アクセサリーで遊びましょう!

・指輪・ピアス・イヤリング・ブレスレット・・・シルバー・ゴールドなど少しここにこだわりを持ったり、お金をかけるとぐっとお洒落度が増します!筆者も洋服はシンプルでもアクセサリーで遊ぶファッションが大好きです。

 

〇メイク

・ファンデーションで肌を整えて、赤いリップを塗りましょう。

→※これは筆者の好みです(笑)赤いリップは女子度を上げていい女にしてくれます。自分の好きな色のリップを見つけましょう。

 

・チークも大切です。にこっと笑えばきっと、魅力倍増します。

 

 ファッションは自信につながります。

個性を出して、自己表現しましょう。

何かの扉が開けるかも!

何かとは・・・恋愛?友達?わからないけど・・・

 

個性を出すのは勇気がいります。できるだけ標準になろうとするのは、日本人の特性でもあるかもしれません。しかし、感情を表面に出したり(怒ったり・笑ったり)、個性を出している人の方が実は魅力的です。ドラマの主人公が魅力的に見えるのは素直に自己表現しているからかもしれません。

自分を表現して、ストレス発散!

もっと魅力的になりましょう。